人工言語学辞典記事:【新参が入らないまま小集団に使われた人工言語は屈折を起こしやすい】

人工言語学辞典記事:【新参が入らないまま小集団に使われた人工言語は屈折を起こしやすい】

2016/4/2 seren arbazard

カテゴリー:形態

タイトルの通り。
人工言語は膠着語と孤立語が多く、屈折語や抱合語は少ない。欧米の自然言語は概ね屈折語なのにエスペラントのように人工言語屋も屈折を捨てる傾向にある。屈折が無意味で覚えづらいということを欧米人も感じているようだ。
アルカも屈折は元々しなかった。しかし新規ユーザーが入ってこないまま人工言語を使い続けると「よく使うフレーズは一語にしてまとめてしまえ。皆もツーカーだから分かるだろ」という意識が芽生え、屈折が生じる。古アルカでは「私の」を意味するe anが[æn]になった。[ɛ an]といちいち発音するのが面倒くさいからだ。アルシェがアシェットになって2001年ごろに制アルカでソーンという大量のお客さんが入ってきたことで[æn]のようなものは一旦消えたが、2008年頃に新生アルカができた前後から代詞やその所有格を中心に屈折が爆発的に増えた。t’が生まれたことで「私の」はt’anになったが、tanは「も」という意味で使われていたし、半角スペースかアポストロフィを打つのが面倒ということで、所有格のantができた。シフトキーを押すぐらいなら語形が長いほうがマシとユーザーに判断された。結果、新生アルカの代詞は複数形やら所有格やらで複雑になり、新参の増加の邪魔になった。しかしe an よりant, e tiよりtiil, e tyuよりtuanのほうが位相を表現できて間違いのリスクも減ることから、屈折に慣れてしまった古参のユーザーはすかりそっちのほうが便利と感じ、ネイティブたちが代詞を習得した2010年代前半の段階でもはや変更が不可能になった。英語のI, my, me, mineなどもエスペラントの代名詞と比べると不規則で覚えづらいが、実際覚えてしまうとエスペラントより英語のほうが使いやすい。結局は「慣れたユーザーらが規則的だけどよく使う部分をより楽に言えるように不規則にする」心理がタイトルの通りの事態を引き起こす。だからそこに不慣れな新参が入ることで「楽な不規則」が広まったり作られたりするのを抑制する。ピジンに屈折語が少ないのも似たような理由と思われる。
アルカも俗化以前はアシェットが活発に色々な位相を使っていたが、新生の時点でネットユーザーはほとんどan系列とnon系列しか使っていなかった。そのまま俗はアシェットに比べ新参であるネットユーザーが引き継いだため、事実上俗では豊富な代詞が減った。つまりその分だけ屈折する語が減った。

格組、『言語学大辞典第6巻』

格組

2016/5/28 seren arbazard

格組はアルカの用語で、結合価のことです。人工言語屋的に結合価でいいと思います。

『言語学大辞典6巻』

2016/5/28 seren arbazard

言語学大辞典6巻はあまり使えませんでした。15年くらい前とおととしあたりに2度読み通した結果、そう感じました。明解言語学辞典はこの6巻をコンパクトにして加筆修正したものなので、これもあまり使えませんでした。国語学や漢文に妙に力が入っていたり、言語学一般で使われる単語が意外にも載っていなかったりして、詳しいのか雑なのか微妙な出来だからです。例えば「山田文法」は見出し語になっているのに接置詞が索引にすらなく、側置詞で引かなければならなかったりする。Oxford言語学辞典という辞書があったと思うんですが、あれはわりとよく使っていたような覚えがあります。薄いくせに高いけど。

『アルカの書』〈序文〉

『アルカの書』

2016年5月21日(土)
seren arbazard

序文

 これは作中で登場人物が人工言語を作る小説です。
 私は作中で登場人物が人工言語を学ぶ小説を書いたことがあります。それは『紫苑の書』と言い、10年前、2006年に書いてネットに公開したものです。異世界ファンタジー小説を読んで、「異世界なのに日本語が通じるのはおかしい」と考えた1994年(中2)の私は、翻訳魔法やアイテムで言語の問題をうやむやにしてしまうご都合主義に疑問を持って、「もし異世界に行って言語が通じなかったらどうなるんだろう」と考えました。「そうなったら主人公はまずその世界の言語を覚えるところから始めないといけないんだろうな」と思いつつ、「まぁ誰かしらそういう小説を書いているだろう」と無根拠に推量したまま大人になりました。
 しかしその後ネットの普及に伴ない調べたところ、2005年になってもまだ誰もそういう面倒臭く売れそうにない小説を書いたことがないということを知りました。そこで、「ではそういう小説――つまり作中で登場人物が異世界の言葉を覚えたり、異世界の文化や風土に適応していく小説を書いてみよう」と思い立ち、2006年に『紫苑の書』を書きました。
 ファンタジー小説の中で人工言語が出てくることはトールキンの『指輪物語』以前からありましたが、主人公が人工言語を学習することで物語が進む小説はこれが初めてでした。登場人物は全員人工言語で話して彼らのコトバは翻訳されません。なので読者は主人公と一緒に人工言語を学ばないと読了できません。『紫苑の書』を可能にした本格的な人工言語や人工世界を作るには何年何十年もの時間がかかり、小説の素材としては費用対効果が悪すぎるからそれまで誰もそういう小説を書いたことがなかったのでしょう。
 その後『紫苑の書』は2011年に書籍になり、2013年にマンガになりました。どちらも売り切れましたが、「人工言語学研究会」というHPにて無料でpdf版をお読み頂けます。

 さて現在2016年5月21日(土)です。『紫苑の書』から10年が経ちました。「10年の節目に『紫苑の書2』的なものを書きたいな」と2015年頃から考えてあれこれとアイディアを出し、作っては没にして書いては消してを繰り返し、「今度は作中で登場人物が人工言語を学ぶのではなく作るってのはどうだ?」というところに行きつきました。
 『紫苑の書』で主人公が覚えたのは私が友人たちと1991年から作り続けていた人工言語アルカだったのですが、この人工言語アルカを学ぶ視点から作る視点にシフトしていきつつ、人工言語アルカそのものからは離れないというところで『紫苑の書2』としてふさわしいだろうと考え、この『アルカの書』という小説を書くに至りました。

 『アルカの書』は最初、ノンフィクションで書く予定でした。アルカは1991年から2016年現在まで四半世紀に渡って作られている人工言語ですが、それを作ってきたのは30ヶ国以上の少年少女と大人たちです。
 母語や文化の異なる人々を集めるとふつうはピジンという言語ができます。商取引などで言語の異なる複数の人々が接触した場合、文法や音が簡略化され、語彙も限られたものしか使わないような言葉で人々は緊急避難的に意思疎通しようとしますが、そういう言語をピジンといいます。
 アルカも1991年の時点では日本語や英語などのピジンでしたが、意図的に徐々に人工言語化していきました。90年代は内々でやっていたのですが、2005年に私がネットで公開したことで知名度が上がっていき、2013年に最盛期を迎えました。
 しかしアルカの完全な崩壊はもはや人工言語屋たちが許しませんでした。人工言語屋たちは自分たちでアルカを復活させ、2016年現在までアルカは生存し、おかげさまでどうにか四半世紀という節目を迎えることができました。

 『アルカの書』の構想を立てた際に、アルカの四半世紀をそのまま書けばノンフィクションとしてドラマティックだと思いました。しかし最大の壁が立ちはだかりました。私が2013年に持っていたアルカの史料はHDDと自宅の押入れのアナログ物品のみなのですが、2013年に処分されました。アルカの歴史を書こうにも、2005年から2013年にネットにアップした少しの資料しかありません。ノンフィクションの方向でプロットを立てていた私は、これは難しいと断念しました。
 そこで私は「覚えていない部分や史料のないところはフィクションとして書いてしまい、半フィクションにしてしまおう」と考えたのですが、アルカの面白さはリアリティにあるので、フィクションという体のよい「嘘」を入れることに抵抗があり、これも頓挫しました。フィクションでやるならノンフィクションの分からない部分を穴埋めするような中途半端なやり方ではなく、いっそアルカをゼロから作り直したほうがよいです。
 「ではアルカから離して全く関係ない人工言語を作中で作ったらどうか」とも考えました。例えば女子高生4人が「架空言語創作部」とかいって部活で人工言語を作るとか、そういうラノベ的な感じのものです。しかし人工言語の面白味というのはその言語の体系を作っていくことももちろんですが、できあがっていく過程、大げさにいえば歴史にもあります。もしかしたらアルカのことを何も知らない人には女子高生4人が日常の中で人工言語を作るほうが面白いかもしれませんし、仮にこれを商用ベースで出版社が出すと言ったら、私は売り上げを考えてアルカよりも女子高生の人工言語を取ります。その方がまだ市井の人々や人工言語ビギナーには無難でマシだからです。でも人工言語を長くやってきた者が身にまとうあの感覚、「言語とはすなわち積み重ねであり、その製作過程にこそ深い味わいや人の思いが込められている」という感覚を知っている人間としては、どうしても歴史を持った現実の人工言語の方に興味をそそられるのです。

 さて、ノンフィクションでもなくフィクションとノンフィクションの混ぜこぜでもなくアルカから離れもしないとすると、どんな人工言語小説になるのでしょうか。それがこの物語です。アルカを知らない人にとっては人が人工言語を作る小説という点が純粋に魅力的でしょう。「作中で登場人物が人工言語を作る」というテーマ自体が『紫苑の書』のテーマと同じくシンプルで分かりやすくキャッチーだからです。もっとも、いずれも人口に膾炙するほどではないと思いますが。
 一方、アルカを知っている人にとっては読めばなおさらなるほどとなることでしょう。「あー、現実のアルカ史がここでこう活きるのね」といった感じで。もしこれがノンフィクションなら2013年に何が起こって2016年に何が起こるかといったストーリーラインやオチが最初からバレてしまうのですが、『アルカの書』はアルカを知れば知るほど面白く、必ずしも現実のアルカの歴史通りに話が進まないミステリーを楽しめます。
 あぁ、言いそびれたが、僕はセレン――セレン=アルバザードといいます。

 ときに、私は1999年か2000年に幼馴染に4冊の本を書くことを約束しました。そのうち3冊は書きましたが、残るひとつが『俺論』という自伝でした。自分がいつまでアルカをやるか、あるいはいつまで生きるか、そのタイミングが分からないので、書こう書こうと思っては断念してきました。それに、年をとるにつれ、「誰も俺なんかの自伝に興味を持たないだろ」という現実の方が見えてきて書かなかったのもあります。ところが私はアルカを作ったという点においては特殊な人間で、人工言語屋にとっては私とアルカの歴史を知るのはひょっとしたら何かの為になるかもしれないと思い、今回この『アルカの書』では主人公が自分ということもあって、自伝的要素を盛り込みまして、これを以って『俺論』の代わりとさせて頂きたいと思います。

2016/6/10 seren arbazard 一部修正

人工言語学会に質問「なぜ人工言語を指向性で分類しているのですか?」

人工言語学会に質問「なぜ人工言語を指向性で分類しているのですか?」

2016/5/16 seren arbazard

人工言語学会に質問があります。なぜ人工言語を指向性で分類しているのですか?「作者がどういうつもりで作っているか、あるいは何を目指しているか」より「現実にその人工言語が何であるか」を元に分類しない理由が知りたいです。本人はAUXのつもりでも現実はARTと見なされる場合があったとしたら、作者の指向性と現実が食い違って問題にならないのでしょうか。モユネさんとniasさんにご回答願います。私は指向性は無視して、現実的にどういう人工言語であるかを元に分類しているし、そのためのタグを作っています。あと複数人で作っているアルカのような人工言語は各作者の指向性が異なるんですが、そういう場合はモユネではどうタグ付けするのですか。

『翻訳できない世界のことば』

『翻訳できない世界のことば』

2016/5/6 seren arbazard

新聞の広告を見て購入。新書的なものかと思っていたら、絵本のような本だった。絵と文の優しい感じとこの手の本が持つ独特な紙の香りが好印象。プレゼントに向いてそう。スウェーデン語のmångata(モーンガータ)「水面に映った道のように見える月明かり」という単語がとても綺麗と感じた。アルカは月そのものを呼び表す語はたくさんあるけど、こういう発想はなかった。スウェーデン出身のフルミネアがmångataにあたる言葉を作ることもなかった。日本語もいくつか載っている。「ぼけっと」とか「侘び寂び」とか。「ぼけっとしていた」の「ぼけっと」は外国人には珍しく見えるのだなぁと思った。なお一応言語学をやっている身として言わせていただくと、「ぼけっと」は形容詞になっているが、副詞です……。

人工言語学事典記事:【オリザニン】

人工言語学事典記事:【オリザニン】

2016/3/29 seren arbazard

カテゴリー:査定

2016年現在、世界を支配しているのは事実上白人であり、国際語は英語である。
非白人で英語ネイティブでない人の功績はたとえ白人より先に発明なり発見なり創作していたとしても、しばしば後から見つけた白人の功績のみが評価され、そっちが歴史に残ることがままある。

例えばビタミンB1はチアミンのことであるが、チアミン自体は日本人の鈴木梅太郎が世界で初めて発見し、チアミンより先にオリザニンと名づけている。
彼は誰よりも早くオリザニンを発見したのに後続のチアミンに手柄を持って行かれて、どれだけ悔しかったろう。もし鈴木がアメリカ人だったら、VB1はオリザニンと呼ばれていたはずだ。

今教科書に載っている世界史は所詮「コーカソイドとその周りの人の歴史」でしかない。
あくまで今の世界の主人公は白人で、日本人が日本語で歴史に名を残すのは難しい。

アルカも『紫苑の書』も『言語学少女とバベルの塔』も『魔法堂ルシアン』も人工言語学さえもやがてオリザニンになってしまうだろう。
我々の成してきたことは世界史から弾かれてしまうのだ。ただ白人でなく英語のネイティブでないというだけのことで。

人工言語学事典記事:【造語年】

人工言語学事典記事:【造語年】

2016/3/29 seren arbazard

カテゴリー:語彙、変遷

これは記事というより経験による警告である。
メル暦のような固有の暦で単語の造語年を書く人工言語屋がいるが、やめておいたほうがいい。西暦でやったほうがいい。周りの人やビギナーはもちろん、自分自身も一生その暦で生きる保証がないので後で困るからだ。
あと、造語年を書くとき、できれば年月日まで細かく書いたほうがいい。幻日みたいに一年単位だと長過ぎて、自言語の歴史を振り返るときに困るからだ。20xx/xx/xxのように書くのを勧める。
「紫亞数」のようなのもやめたほうがいい。AとBの単語のどちらが古いかは一目瞭然だが、それが何年何月何日なのか、計算しないとわからないからだ。
ARTであっても西暦に準拠しておいたほうが無難である。
セレンはメル暦を使って年単位で幻日辞典を書いたことを大変後悔している。

AIを使って人工言語を作る小説など

2016/3/29 seren arbazard

「球を投げるように速く」というのはよく考えるとおかしい。「投げられた球のように速く」のほうが論理的だ。しかし日本語としては前者のほうが自然。なぜだろう。

『アルカの書』の後になるが『REL』という小説を書く。2091年の日本人がAIを使ってRELを作るという内容だ。タイトルは仮題だ。『REL』を詳細に書くにあたって、アナログ人力とデジタル人力時代の人工言語学が必要なので、必然的に『アルカの書』の後になる。

2016/5/30 seren arbazard 追記

『REL』という小説は『アルカの書』に吸収合併します。『アルカの書』は6/6現在ノート140p分ぐらいになっていますが、まだシーンは1991/7/19と7/27が終わっただけです。
アルカの書はぜひ完成させたいです。遺作になると思うから。

人工言語学事典記事:【保険の「など」】

人工言語学事典記事:【保険の「など」】

2016/3/29 seren arbazard

カテゴリー:表現

日本人は物事を並べて例示する際、「A、B、Cなど」のように「など」をつけることが多い。「など」は英語ではand so onだが、英語文を見ているといちいちand so onをつけることは少ない。
日本語の「など」は「A、B、Cしか思いつかなかったけど、万一Dがあって、そのことを後で指摘されて糾弾されたらやだなとか、逆にあとあとDという都合の良いものが出てきたらサクッと取り入れたいな」という心理から、保険として付けられることが多い。
日本語の考え方は「全列挙」で、漏れがないか気にする。英語やアルカの考え方は「例示」で、だから”like A, B”のように使われ、and so onをいちいち付ける必要がない。
アルカもt, k, x, s wenとするよりova t, k, x, sとするほうが自然である。
日本語と英語の表現法の違いを知らないから日本人はand so onを使いまくり、ネイティブから「変な言葉遣いだな」と思われる。
自然な英語を身につけるには表現法も必要なのだが人工言語はおろか自然言語の教育現場でも表現法を微細に説明することはほとんどない。

人工言語学事典記事:【人工言語屋は自分の発音できる音を自言語に与える傾向】

人工言語学事典記事:【人工言語屋は自分の発音できる音を自言語に与える傾向】

2016/3/29 seren arbazard

カテゴリー:音論

人工言語屋は自分の発音できる音を自言語に与える傾向がある。大抵の人工言語はユーザーが作者一人のみである。作者は、ユーザーの鑑とならねばならないから、自言語の発音が完璧でなければならない。なので普通は自分の母語が持つ音を自言語に与える。母語になくても語学や音声学の習得に拠って発音可能になった音は使用されやすい。
たとえば日本語には[ɹ]がないが、日本の人工言語屋はふつう教養があるので英語の[l][ɹ]などの音声が使われることはままある。
フランス語のrの音やイタリア語のふるえ音[r]なども、これらの言語が有名であることから入りやすい。

その理屈で言えば中国語のそり舌音も採用されやすそうだが、少なくとも日本の人工言語では[l]に比べて[ʂ]はほとんど使われない。中国は日本に近いし話者も多いのにそり舌音はあまり使われない。思えばセレンの母校の学習院の文学部にも、日英仏独文はあったが、中文科は無かった。過去の欧米至上主義の名残で中国語の音声は日本ではあまり採用されないのではないか。